2013年度日本フェノロサ学会第34回年次大会


・開催日時:2013年9月21日(土)・22日(日)
・会場:大阪大学中之島センター 講義室303
 アクセス:http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php 
・主催:日本フェノロサ学会
・一般公開・聴講無料・事前申込不要


テーマ「日本近代の美意識―フェノロサ・天心とその周辺―」

◇スケジュール◇

◆9月21日(土) 研究発表会 ・ 懇親会

13:00~  受付開始

13:30~   開会挨拶

【研究発表】
13:35~    小山勝美(帝京大学大学院文学研究科)
       「19世紀末フランスの陰像表現における日本受容
         -ポール・ビルオー《小さな日本人たち》を中心に-」
14:05~   植田彩芳子(京都文化博物館)
       「明治末期・大正前期の横山大観」

  (  休 憩 )

14:45~   平光睦子(中国短期大学)
       「 「京都策」における工芸の近代化-染織産業を中心に-」
15:15~    岡本佳子(国際基督教大学アジア文化研究所)
       「岡倉覚三と中国-第一回中国旅行と東邦協会-」
15:45~  牟田行秀(東京都現代美術館)
       「主題としての徳川家霊廟-黎明期近代日本美術の「死の島」と墓碑的表現-」

(コーヒーブレイク)

【講 演 】
16:30~  中谷伸生(関西大学教授)
      「 大坂画壇はなぜ忘れられたのか-フェノロサ・天心から東アジア美術史の構想へ-」

17:30      閉 会

18:00〜    懇 親 会(大阪大学中之島センター9階 交流サロン Salon de l'amical)
      参加費:一般6000円、学生3000円(当日受付いたします)





◆9月22日(日) 基調講演 ・ 研究発表

 9:30~    エクスカーション(希望者)9:30 国立国際美術館 入口前集合
       「フランス国立クリュニー中世美術館所蔵《貴婦人と一角獣》」展 見学

11:30~    幹事会 

13:00~    学会総会

14:00~    開 会 ・ 会長挨拶

【基調講演】
  14:10~    村形明子(日本フェノロサ学会名誉会員・顧問/前会長、京都大学名誉教授)
       「フェノロサ夫人の東京日記、1897~
        -月刊『望星』連載(2011年12月~2013年3月)を中心に-」

( コーヒーブレイク)

【講演】
15:20~     神林恒道(日本フェノロサ学会会長・大阪大学名誉教授)
       「悪所の美学-永井荷風・阿部次郎の浮世絵論から-」

16:20     閉 会

*内容は事情により変更する場合があります。


お問い合わせ先:日本フェノロサ学会事務局
    〒520-0862 滋賀県大津市平津二丁目5番1号 
    滋賀大学教育学部 新関伸也研究室
    fenollosaweb(at)gmail.com   
   *メールを送信される場合は、上記のアドレスの(at)の部分を@にかえて入力してください。

 
Copyright ©The Fenollosa Society of Japan. All Rights Reserved.